姫部屋のテーブル・デスク・チェスト・収納ケース(猫足家具など)の選び方!

      2016/09/01

姫部屋にピッタリな「猫足」の家具。

まるで猫の足のようなフォルムが特徴的なその家具は、とても優美で、女性ならば、憧れる方も多いのではないでしょうか?

いわゆるこの猫足家具というのは、フランスで良く用いられるもので、ヴェルサイユ宮殿など、フランスの貴族が用いられたと言われています。

姫部屋にもギャル部屋などの系統がありますが、猫足家具を使ったお部屋は、クラシカルな印象の強いものになります。

日本においては、猫足家具で検索するとたくさんの猫足家具が見つかりますが、フランスでは、カブリオールレッグと呼ばれているそうです。

カブリオールというのは、弾む、飛び上がるといった意味があるのだとか。

ちょうど、足の甲に当たる部分がくるんと湾曲していることに由来しているのだと思います。

猫足家具は、チェスト、テーブル、チェアなどに良く用いられています。

おすすめは、チェストです。

日本においてなかなか「脚」のある収納ケースは少ないように思えますが、猫足があることによってお掃除も楽です。

狭い部屋でも、床が見えることによってスッキリ見えるのも猫足チェストのおすすめポイントです。

アンティーク調のクラシカルなデザインのものもたくさんありますが、ちょっと可愛らしい印象の強いローズ柄のものや、スッキリとしたデザインのものなど、いろいろな猫足チェストがあります。

また、ご予算に余裕があるのであれば、テーブルやチェアも、同じテイストのもので揃えると、より姫部屋がまとまりやすいです。

ただ、テーブル&チェアとなると、一人暮らしのお部屋では大きすぎることも…。

ベッドをおいて、テーブルをおいて、チェストをおいて、テレビラックをおいて…なんてしていると、窮屈なお部屋の印象になってしまいますので、サイズ選びは必須です。

どうしてもスペースがとれないのであれば、チェストは猫足家具から選び、テーブルは、猫足のローテーブルなどにすると、チェアを買う必要もなく、スペースが確保しやすいです。

ローテーブルの下には、姫部屋仕様のラグやカーペットを敷くと、より雰囲気が出ます。

個人的に一人暮らしの女性のお部屋を姫部屋に改造するのであれば、リビングは、ダイニングテーブルでなく、ローテーブルでも充分だと思います。

そんなに大きい物も必要ないですし、ローテーブルの猫足タイプもたくさんあります。

ラブロマを見ても、ダイニングテーブルより、ローテーブルの方が値段も安いので買いやすいと思いますよ!

>>> 姫部屋・姫系インテリア家具専門通販「ラブロマ」の公式ページを見てみる

 - 姫部屋改造